【ねば塾石鹸検証】『白雪の詩』『さくやうさぎ』『やさしいせおと』を洗顔に使い比べてみた結果

こんにちは、洗顔せっけんジプシーともんごです。
ここ直近の半年間位の間は、くすみがとれるとネットで評判のホイップ系洗顔料を使用していました。
品質自体に大きな不満はなかったのですが、約1か月分で1,886円をかけるのは正直高いなーと感じており、もっと他に良い洗顔料はないかなと探していたある時、偶然Amazonのあなたにおすすめ商品として掲載されていたねば塾の白雪の詩という石けんに目が留まり詳細をみてみることに。
レビューの評価も高く、価格も安価で試してみたい!と思ったのですが、
◇@コスメでの口コミで使用後のツッパリが気になったということや肌荒れをしたというコメントもあること
◇台所用石鹸ということ
という二点が気になりました。
少し迷いましたが、物は試し、失敗だったとしても惜しくない値段だと思いなおし、せっかく試すならばとねば塾で化粧石鹸として販売されているシアバター配合の”さくやうさぎ”と”やさしいせおと”という2種類と併せて使い比べてみることにしました。

使い比べ方法

◇朝・晩の一日二回洗顔時に泡立てネットにて泡立てて使うこと
◇洗顔後のケアは変えないこと
また、比較対象として夫も一緒に三種類の石けんを洗顔に使用してみました。
夫:44歳、やや脂性肌・吹き出物月に数回できる・毛穴の黒ずみ少ない・アトピーなどの皮膚疾患はなし
私:39歳、混合肌・吹き出物月に1~2回できる・毛穴の広がりが気になる・ここ数年目の下の小じわが気になっている・アトピーなどの皮膚疾患はなし・海外化粧品メーカーの基礎化粧品でかぶれたことがある

使用感はあくまでも私たち夫婦の個人的な感想であり、絶対ではありません。
ご使用を検討なさっている方は参考程度にお読みください。

ボディソープにおすすめ!白雪の詩

まず一番最初に使ってみたのは、白雪の詩です。

パームとパームの核油だけを原料に中和法で作った純粋な石鹸分だけを機械練りにて無添加で仕上げた名前のとおりの真っ白な石鹸。もちろん色素、香料、添加物は一切使用しておりません。
キッチンソープにも最適。形態はお得な180グラムのビックサイズの2個入り。

使用感:泡立ちはかなり良く、無添加独特の原料の香りはありますが私たちは特に気になりませんでした。
洗浄力が強いのか、洗顔後かなりツッパリ感があり大至急保湿ケアを行ったらヒリヒリする・皮膚が赤くなるなどの状態異常は見受けられませんでした。
普段、化粧水などの保湿ケアを行わない夫は翌日に眉間や目の周りが軽く粉吹いてしまったので、二度目に使用したあとはうすくワセリンを塗布しました。
今回購入した三種類の石けんの中で、洗顔後さっぱりし過ぎて必要な皮脂まで落としてしまっているような感じやツッパリ感が夫婦ともにあったので洗顔せっけんとしては不向きだなという印象ですが、ボディソープとしては秀逸です!
もともと、ボディソープはミヨシ無添加せっけん泡のボディソープを使用していたのですが、泡で出てくるミヨシよりも泡のコシが強く一度泡立てると石けんを途中で足すことなく体全体を洗い上げられ、流した後はしっとりするような肌触りです。
乾燥して粉吹いたりすることや、痒みもありません。
二週間使い続けていたら、肌の色が白くなったように夫婦ともに感じています。
追記:ボディソープとして使い始めておよそ一か月で一個を使い切りました。

ねば塾 白雪の詩 2個入り×2セット

新品価格
¥455から
(2018/5/13 17:33時点)

夫が気に入りました!さくやうさぎ

続いて使ってみたのがさくやうさぎです。
こちらは完全無添加の石けんではなく、シア脂、EDTA-4Na、エチドロン酸Naが配合されています。
シア脂は保湿成分として配合されており、EDTA-4Na、エチドロン酸Naは変色防止・変質防止・石けんカスなどを出にくくする作用があるそうです。

さくやうさぎですが、0.005%以下とごく微量ですがEDTA-4Na、エチドロン酸4Naが含まれています。
弊社製品は基本的に無添加なのですが、地域により水が硬水でキレート剤がないとどうしても石鹸が使えないといったお客様からのご要望も多く、最低限の添加をした製品を造りました。

使用感:泡立ちが良く、より滑らかな感じがあります。
香料無添加のため、原料の香りがしますが特に気になりません。
シアバター配合とのことで、使用後のツッパリ感は軽減されましたし、使用後に顔がヒリヒリする・皮膚が赤くなるなどの状態異常は見受けられませんでした。
夫は男性用のさっぱり洗顔フォームだとメンソール+スクラブ配合のものが多く、それらは目の際までしっかりと洗えないのが不満でしたが、さくやうさぎはその悩みも解決してくれました。
耳の裏や、Uゾーンなどのとくに脂っぽく感じる部分も洗い上りがすっきりする!と非常に気に入り、洗顔だけではなくシャンプーとして洗髪もしているくらいです。
洗顔後、何もつけなくても粉吹くようなことはありませんし、今まで使っていたミヨシの無添加シャンプーと遜色なくむしろ髪の毛のコシが出る気がすると満足しているようです。

ねば塾 さくやうさぎ (117g×3個入)

新品価格
¥389から
(2018/5/13 21:35時点)

ねば塾の石けんで洗顔するなら、絶対おすすめ!やさしいせおと

成分:石ケン素地、水、グリセリン

刺激を少なくした無添加の石鹸ですから、特に肌の弱い赤ちゃん、お年寄りに向いています。また、敏感肌で、今まで市販の石鹸が合わなかった方にもぜひ一度お試しいただきたい石鹸です。

一番最初に使ったの白雪の詩に比べるとしっとり感があるし、一個当たりの値段は若干上がりますが、117g 3個入りで388円(税込)とかなりコスパも良いので我が家でリピートして使うのはさくやうさぎになるのかなーと内心思っていました。
しかし、やさしいせおとで洗顔したら”次もまたこの石けんを買う!”と直感しました。
使った瞬間って大げさな( ゚Д゚)と思われるかもしれませんが、一個300円未満でこんなに優しい洗い心地でスッキリするのに、流した後はしっとりする!と感動ものでした。
使用感:三種類の中で一番クリーミーな泡が立ちます。
こちらも香料無添加になります。
洗顔後のツッパリ感は少なく、早く保湿しなくてはと切羽詰まりませんし、顔がヒリヒリする・皮膚が赤くなるなどの状態異常は見受けられません。
夫は”さくやうさぎ”位さっぱりとしたいとのことで、やはり肌質による好みの違いはあるようです。

ねば塾 やさしいせおと 100g×2

新品価格
¥540から
(2018/5/13 21:59時点)

やさしいせおとを二週間洗顔に使用してみて

感じた肌の変化

⒈肌のトーンが明るくなった気がする!
⒉皮脂バランスが良いのか、朝はぬるま湯だけの洗顔でもべたつきが全く気にならない!
ようになりました。
以前までは起床後、洗顔フォームを使用しない洗顔ではTゾーンがべたついているように感じておりましたが、今はぬるま湯で2~30回すすぐのみでその後は普段のケアをしていてもべたつきや毛穴の汚れは気になりません。

気になるコスパは

2週間で使った量は約6グラム。
このペースだと100グラムのこの製品を使い切るのは今年の12月半ば?!
以前の洗顔フォームを同じ期間使っていたら税込みで¥14,000以上かかってしまう計算で、とっても節約できた気分になります(笑)

まとめ

私のようにネットでねば塾の石けんを知ってどれが良いのかわからない、という方のご参考になるのかいささか不安ですが。。。
今回三種類の石けんを試してみて、私はやさしいせおとが一番自分に合いましたが、夫とは肌質の違いで好みは若干分かれてしまいました。
しかし、シンプルで低刺激な石けんは幅広いニーズに応えられボディソープや手を洗う石けんとしてなら、家族で共有もできます。
肌に優しく、低コストでお財布にも優しいねば塾の固形石けんをこの機会にぜひお試しになってみてはいかがでしょうか。

購入場所

ネットの口コミでは取扱い店舗が少ないというレビューもあり、私もサツドラやツルハを何店舗か探してみたのですが見つけることはできず…札幌市内ですと、東急ハンズやロフトで取扱いがありました。
お近くにない場合はネット通販の方が手早く簡単に手に入るかもしれません。
色々試してみたいという方は公式HPで15gサイズを5個を500円でお試しすることもできるようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする